レーザートーニング

治療困難な肝班治療を実現した最新レーザー治療

レーザートーニング

スイッチYAGレーザーの適応

肝斑、シミ、毛穴の開き、美肌、美白、くすみの改善、ハリ感の増加 など

 

最新の肝斑治療技術であるレーザートーニング。

広範囲に複数回に渡って照射するレーザートーニング法は、これまでレーザー治療に不向きだと言われていた

肝斑への治療法として注目されています。

さらに、しみ炎症後色素沈着にも効果があり、さらには毛穴の引き締めや、美肌美白くすみの改善ハリ感の増加などにも効果的。

肌への刺激が少なく、メラノサイトを活性化させることなく、メラニンを排出させることが可能な最新レーザー治療です。

 

 
 

肝斑とは

肝斑は、顔面に淡褐色斑として現れるシミ。

茶色または茶灰色で、頬、額、上唇、鼻、アゴなどにできる左右対称、両側性のシミの一種です。

とくに女性に多く、妊娠時に濃くなることや女性ホルモンとの関係、慢性炎症、日常の摩擦などが原因で出現することが多くみられます。また日常のストレスや紫外線にあたりやすい部位にも症状が現れることが多い為、発症の原因と考えられています。

肝斑に低出力のYAGレーザーを複数回照射することで肝斑が改善することがわかっています。

 

 

レーザートーニング 症例写真

【Brfore】 肝斑の治療前

【After】 肝斑の治療5回終了後

レーザートーニングの流れ

1:診察

シミにも様々な種類があり、その種類によっても治療方法が異なります。
医師が、気になるシミを診察のうえ、適切な治療方法をご説明致します。

矢印
2:クレンジング・洗顔
矢印
3:施術

お顔を冷やして、照射を開始します。

お顔全体の照射で約10分ほどです。
施術中はパチパチとした刺激が多少ある程度で、強い痛みはありませんので、安心してください。

矢印
4:終了

再度、施療部位を冷却、鎮静して終了となります。

多少赤みが出る方もいらっしゃいますが、施術直後より、洗顔・メイクが可能です。

レーザートーニング治療後の経過

1~2週間に1度、5回が1セットの治療です。
カサブタなどは作らずに、徐々に徐々に薄くなっていきます。
初めの1、2回はあまり色素が薄くなったのがわかりにくいですが、3回目あたりから目に見えてきれいになっていきます。
レーザートーニング後は、ビタミンCやビタミンEの導入をおすすめしています。

レーザートーニング 施術価格

レーザートーニング(部分) 1回 ¥ 12,000
5回 ¥ 54,000
レーザートーニング(全体) 1回 ¥ 17,000
5回 ¥ 76,500

※価格は全て税別です。

組み合わせがお勧めの治療

ハイビタリオン

WHAAP

 

詳しくは医師とご相談ください。

 

 

よくある質問

何回くらい施術したほうがいいですか?  

1週間に1度のサイクルで、4~5回程度をおすすめしております。

継続的に美肌、美白効果を持続されたい方は、月に1回の施術をおすすめしています。

痛みはありますか?

個人差がありますが、施術中はパチパチと軽い刺激がございます。

大抵の方は、我慢できるお痛みです。

お化粧はいつから出来ますか。また、施術後に気を付けることはありますか?

当日からしていただけます。お肌が通常よりも、敏感になっておりますので、日焼けにはご注意ください。

ダウンタイムはありますか?

施術後、多少の赤みがでることがありますが、当日中には消失します。

施術にはどのくらいの時間がかかりますか?

施術時間は、10~15分で終了しますが、施術前に、診察や洗顔等ございます。

お電話でのお問い合わせは 0120-1222-48

PageTop