スタッフBLOG

2015.08.07更新

右横のカテゴリーの
癌検査 アミノインデックス と
統合医療
をクリックすると
アミノインデックスのブログが出てきます。
とりあえず復習すると

早期がんもチェック! がんリスク検査「AICS」
AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)とは?
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、

がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。
健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、

さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。

この性質を応用したのがAICSです。
AICSの特徴
1回採血(約5ml)で、複数のがんを同時に検査することができます。
早期がんにも対応しています。
AICSの検査対象となるがん
男性では胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がんの合計4種のがんに対するリスクを評価します。

女性では胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮が ん・卵巣がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します

(子宮がん・卵巣がんについては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリス クを評価することはできますが、

それぞれのがんのリスクについて区別することはできません)。


って事だったのですが、
このAICS検査がバージョンアップして
なんと 膵臓がん のスクリーニングも出来るようになりました。

ご存じの通り
膵臓がんは早期発見が大変難しい癌です。
気になる方はAICSでスクリーニング検査をして
リスクが高ければ 精密検査を受けていただく事により
早期発見も可能になると思われます。


8月24日月曜日の検査から 膵臓がんも加わります。
ご連絡お待ちいたしております。

8月14日は新浦安駅前で
8月15日は津田沼パルコで
献血のお仕事が決まった吉川でした。

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop