スタッフBLOG

2015.04.06更新

電位治療器Miエナジーについて
 電子注入治療器の1つで、直流電子を用いることが特徴です。組織の酸化状態を還元して「若返り」させ、不健康状態を治します。主に頭痛や肩こり、不眠症 慢性便秘といった病状に対応します。
直流電子は 特殊な波形整形機を通過させることによってマイナスイオンを発生効率の良いものに整形して人体に供給します。そして0.1μAから10μAまでの範囲に制限し、人体の安全を確保します。
   エナジー
電子 直流電子(-5000mV)
特徴 組織の酸化状態を還元し不健康状態をなおす
対応 症状 頭痛 肩こり 不眠症 慢性便秘 その他

この還元電子治療器は香川県坂出市の堀口医院 院長 堀口裕医師 堀口昇氏と共に開発した。マイナスイオンの人体への供給による電子治療法を原理とする新方式電位治療器エナジーの発明に対する特許を出願 平成19年10月12日特許を確定されました。

還元電子の役割
私たちが食事でとった栄養や呼吸によって吸った酸素は、体内の血液循環によって細胞へ運ばれ、細胞内でエネルギーを作る材料となります。
人間の体は食事をすいれば大なり小なり排泄物を出すように 細胞内もエネルギーを作り出す過程で活性酸素、乳酸、二酸化炭素などの老廃物が生じます。これらの老廃物を掃除しているのが、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、補酵素などの抗酸化物質と呼ばれる栄養素と大気ネガティブイオンです。
これらの抗酸化物質や大気ネガティブイオンは電子を持っており、この電子が細胞内に溜まる老廃物を掃除しています。しかし、現代人は過労やストレス、環境汚染の影響を受けて、十分な電子を得ることが出来ない環境で生活しています。そのせいで電子が不足して細胞内に老廃物が蓄積し、病気になりやすいと言われているのです。
そこで「電子が不足して病気になりやすいのであれば、外から積極的に電子を補充する必要性がある」という考えから誕生したのが還元電子治療です。

大気ネガティブイオンの生理作用
1・自立神経バランスの改善(交感神経の緊張緩和)
2・身体の酸性・酸化の改善(老廃物の除去)
3・免疫バランスの改善(免疫力・抵抗力の向上)

当院ではがん治療の1つとして取り入れている方や パーキンソン病治療で受けている方などたくさんの方が還元電子治療をうけていらっしゃいます。
私も実際に受けてみて頭痛が改善したという体験があります。
上記の一覧表のような症状のある方や 体の調子がいまいちという方など
還元電子治療をお勧めいたします。

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop