スタッフBLOG

2016.02.29更新

毎月29日はにんにく注射の日です。

即効性で人気の高いにんにく注射

にんにくと同様に新陳代謝を高め細胞活性化を促すことで

疲労回復効果や倦怠感の消失が期待されます。

神経や筋肉の働きを快復させ即効性があるので慢性的な倦怠感や疲れ、

いわゆるスタミナ切れ対策には最適の療法です。

当院でのにんにく注射は本当のにんにくを注射するのではなく、

にんにくとほぼ同様の成分である数種類のビタミンB群にビタミンCなどで

にんにく50個分に相当する有効成分を注射する方法になります。

細胞を活性化し新陳代謝を活発にして疲労回復などの効果が高いにんにく注射の主成分には、

ビタミンB群、ビタミンC、グリコーゲンなどが豊富に含まれています。

ビタミンB群は、体内の代謝を促進させエネルギーを生み出し、

疲労物質である乳酸を分解して疲労回復につながります。

ビタミンB1:
炭水化物をエネルギーへ転換するのに不可欠な栄養素です。

不足すると、慢性疲労や気力の減退、情緒の不安定、

記憶の低下などの症状があらわれます。

悪化すると、脚気や手足のしびれ、むくみを招きます。

ビタミンB2:
脂質や糖質の代謝、有害物質の分解、

過酸化脂質の生成防止、細胞の再生、成長促進等に

深く関わる大切な栄養素です。

ビタミンB2は、日本人にとって不足しがちな栄養素の一つで、

特に糖尿病の方は吸収力が落ちているので摂取を心がけましょう。

ビタミンB6:
たんぱく質の代謝、脂質の代謝、神経の伝達物質や赤血球などの合成、

免疫機能の維持に欠かせません。

不足すると皮膚炎や肌の脂性、アレルギーや神経過敏、口内炎、貧血、脂肪肝などの

トラブルを引き起こす事になります。

ビタミンB12:
赤血球のヘモグロビンの合成を助け、

神経細胞内の核酸などの合成や修復にかかわっています。

不足すると、貧血、倦怠感、めまい、動悸などの症状が出て、

集中力の低下や気分の落ちこみなどの精神症状もあらわれます。

ニコチン酸(ナイアシン):
炭水化物や脂質の代謝に不可欠。

また、血液の循環促進、脳神経の活動促進、性ホルモンの合成に関与します。

パントテン酸:
炭水化物や脂質の代謝、ストレスへの抵抗力や免疫の強化、

善玉コレステロール増加などの働きがあります。

欠乏すると感染症への抵抗力が落ち、食欲不振やイライラを招き、

副腎・皮膚・末梢神経・神経管などの障害を引き起こします。

葉酸(ビタミンM):
赤血球を作るのに不可欠。

その他核酸の合成や細胞分裂、発育の促進、免疫抗体の産生、

乳酸菌などの微生物の増殖促進に深くかかわっています。

ビオチン(ビタミンH):
炭水化物や脂質、たんぱく質の代謝をにない、

皮膚や髪の毛の健康にも重要な役割があります。

尿素回路(肝臓にある回路)やクエン酸回路、

その他の脂肪酸合成などに関係します。

不足すると、湿疹や抜け毛、白髪の増加、疲労感や憂鬱感などの症状を招きます。

ビタミンC:
免疫力の強化や抗酸化作用をはじめ、美容効果(コラーゲン生成)や風邪予防に効果あり、

大量では抗ガン作用もあります。

喫煙や精神的ストレスなどでビタミンCは大量に消費されるので十分な補給が必要です。

また、ビタミンCを摂り過ぎた場合の害はありません。肌を作り出すコラーゲンを生成するので、

肌の張りを保ち、色素沈着などシミ・ソバカスを予防するといった美容にも有効です。

【にんにく静脈注射】 主な成分:4種類のビタミンB群+ビタミンC
【パワーニンニク静脈注射】 主な含有成分:7種類のビタミンB群+ビタミンC+ビタミンH+強力ミノC

 

にんにく注射 通常2500円が1500円(税別)

パワーにんにく注射 通常5000円が2500円(税別)です。

なお4年に1回の2月29日は

世界的規模で開催されている
「世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day)」です。
難病法の定める指定難病は306疾病あります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000084783.html

こんなに難病がたくさんあるなんて悲しくなりますね。

治らなくても少なくとも悪くならない治療法が確立されることを切に願う 吉川でした。

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

2016.02.15更新

2月のキャンペーン

腸内フローラ検査 Flora Check

TVや雑誌でも取り上げられているため

お問い合わせが多く、

検査キットの在庫がなくなってしまいました。

本日は検査できません

(お話し、説明、同意書をいただき、後日キットをお送りする事は可能です)

明日キット再入荷予定です。

 

 腸内フローラ検査

腸内細菌の集団を「腸内フローラ」といいます。

腸内フローラの構成はすべての人が同じではなく、

食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっているのです。

 腸内フローラ検査で腸内細菌を調べることで、

善玉菌と悪玉菌のバランスを知ることが出来ます。

悪玉菌(腐敗菌)が多いと腸内に有毒な腐敗物質が発生し、

それらが腸壁の毛細血管から体の中に吸収され、

体調不良や肌荒れ、免疫力低下など、様々な病気を引き起こすとされています。

私たちの腸内には1000種類、約1000兆個以上とも言われる腸内細菌がいます。

私たち人間の体は、腸内細菌という微生物たちと相互関係にあり、様々な恩恵を授かっています。

免疫を作る細胞の70%は腸内に集中しており、

免疫細胞を元気にするためには、腸内細菌の働きが欠かせません。

腸内細菌は、私たちの食事を栄養源として生活し、

人体では作り出すことの出来ないビタミンや有機酸などの栄養素を生成してくれます。

腸の健康はまさに「健康の基礎」です。

検査方法

①採便キットを持ち帰り、問診票に記入&採便後、採便キットと問診票をクリニックに持参するか郵送していただきます。

(※郵送費はご負担いただきます)

②2~3週間後に検査結果がでるので、クリニックで医師から検査結果の説明やアドバイスを受けます。

 

腸内フローラ検査 通常¥35,000(税別)⇒¥28、000(税別)

今月いっぱいキャーンペンで 28000円(税別)です。

 

都立美術館で たまたまやっていた 美術専門学校の卒展で

保存修復科の発表を見て感動した 吉川でした。

投稿者: 赤坂AAクリニック

2016.02.01更新

赤坂AAクリニック 2月の キャンペーンは

高濃度αリポ酸点滴です

水素点滴同様

抗酸化作用があります。

ビタミンCビタミンEの約400倍!!

更に 他の抗酸化物質(ビタミンCなど)を再生しリサイクルしてくれます。

抗酸化作用の他にも

疲労回復作用

美肌作用

脂肪燃焼作用

デトックス作用

もあります。

 

αリポ酸は、私たちの体をつくる細胞の中にあるミトコンドリアに存在しています。
αリポ酸は、水溶性と脂溶性、両方の性質を兼ね備えているため、

体内の全ての細胞に自在に入り込むことができます。
αリポ酸は、ミトコンドリアがスムーズにエネルギーを生み出すための相棒のような存在なのです。
αリポ酸は、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力を持つ成分です。
αリポ酸は、活性酸素と戦う抗酸化力が高い成分で、

同じように抗酸化力を持つ成分であるビタミンCやビタミンEの約400倍の抗酸化力があるといわれています。

αリポ酸には、抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などの他の成分が、

活性酸素と戦って抗酸化力を失ってしまったとき、その力を回復させる働きがあります。
αリポ酸は、エネルギーの材料となる糖質・脂質・たんぱく質のうち、

もっともエネルギーになりやすい糖質の代謝に深く関わっています。
αリポ酸は、糖質をスムーズに代謝することによって糖化を抑える、

抗糖化力を持つ成分として注目されています。

 

こんなにすごい高濃度αリポ酸点滴が

通常8500円(税別)が今月は5000円(税別)で受けられます。

ビタミンC点滴との併用も効果的です。

今まで高濃度αリポ酸点滴 経験ない方

是非一度 お試しください。

 

第50回スーパーボウルまであと1週間

Patriotsに勝った(これはうれしい)Broncos と

Seahawksに勝った(これは悔しい)Panthersのどちらを応援しようか決めかねてる

吉川でした。

投稿者: 赤坂AAクリニック

2016.02.01更新

皆様こんにちはni ナース古栃ですrabbit

 2月に入り、まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

インフルエンザ・風邪も流行しやすい時季ですので、皆様、体調にはお気を付け下さいませheart

 

 

2月の院内キャンペーンはリポ高濃度α酸点滴腸内フローラ検査ですihi

 

 

 高濃度αリポ酸点滴は、ビタミンC、ビタミンEの約400倍の抗酸化作用があります!!

効能としては・・・ 疲労回復作用・美肌作用・脂肪燃焼作用・抗酸化作用・デトックス作用・糖尿病予防・抗がん作用です。

≪α」リポ酸の特徴的なはたらき≫

・水溶性(血液や脳脊髄液など)、脂溶性(脂肪など)どちらにも働く究極の抗酸化物質。

・ビタミンA、C、Eやグルタチオンなどの他の抗酸化物質を再生しリサイクルさせる。

・私たちが生きるために必要なエネルギー(ATP)を作る際に必要不可欠

 

flower2濃度αリポ酸点滴 通常¥8,500(税別)⇒¥5,000(税別)

 

 

 

あなたの体質は「腸内フローラ」が決めてる?! 腸内フローラ検査

 腸内細菌の集団を「腸内フローラ」といいます。腸内フローラの構成はすべての人が同じではなく、食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっているのです。

 『腸内フローラ検査』で腸内細菌を調べることで、善玉菌と悪玉菌のバランスを知ることが出来ます。

悪玉菌(腐敗菌)が多いと腸内に有毒な腐敗物質が発生し、それらが腸壁の毛細血管から体の中に吸収され、体調不良や肌荒れ、免疫力低下など、様々な病気を引き起こすとされています。

 私たちの腸内には1000種類、約1000兆個以上とも言われる腸内細菌がいます。腸内細菌は人体ではなく微生物です。私たち人間の体は、腸内細菌という微生物たちと相互関係にあり、様々な恩恵を授かっています。

免疫を作る細胞の70%は腸内に集中しており、免疫細胞を元気にするためには、腸内細菌の働きが欠かせません。また、幸福ホルモン」の『セロトニン』の95%が腸で作られています。

腸内細菌は、私たちの食事を栄養源として生活し、人体では作り出すことの出来ないビタミンや有機酸などの栄養素を生成してくれます。

腸の健康はまさに「健康の基礎」です。

clover検査方法

①採便キットを持ち帰り、問診票に記入&採便後、採便キットと問診票をクリニックに持参するか郵送していただきます。(※郵送費はご負担いただきます)

②2~3週間後に検査結果がでるので、クリニックで医師から検査結果の説明やアドバイスを受けます。

 

flower2腸内フローラ検査 通常¥35,000(税別)⇒¥28、000(税別)

 

 

お得なキャンペーンですstar

皆様のご来院、スタッフ一同心よりお待ちしておりますmonkey

投稿者: 赤坂AAクリニック

SEARCH

PageTop