スタッフBLOG

2014.12.12更新

皆様こんにちは、ナース古栃ですni

今年もあと少し、元気に参りましょうihi

 

以前AGEs検査について、簡単にお話ししました。本日はその続き…検査結果の見方などについて、簡単にお話ししたいと思います♪

AGEs検査は約3分です♪

そして、下記のようなレポートが出て来ます♪

 AGE

AGE

糖化が進むと様々な病気の原因になります!!

        検査結果をみて、自分の現状を把握しましょうrabbit

 

糖化が進むことによって、深刻な病気を招いてしまうかもしれません。いつまでも元気でいるためにも、AGEs:糖化度がどんな病気の原因になるかを知っておいて下さい。

leaf老化の促進

leaf動脈硬化

leafガン

leaf骨粗鬆症

leaf神経変性疾菅:パーキンソン病、アルツハイマー型痴呆症など

leaf皮膚の変性:シミ、しわ、たるみ、ハリ、弾力のなさ、キメの荒 さに加え、黄ばみやくすみなど

leaf糖尿病

leaf腎疾患

leaf白内障、網膜症

leaf肝疾患

 

糖化を防ぐには・・・

◎運動をする

◎糖分を摂り過ぎない

◎野菜をきちんと摂る

そう言われてもなかなか出来ないという方に、お薦めのサプリメントがあります 。 

leafドクターパワベジです。

        当クリニックで販売しておりますni

    是非、お待ちしておりますflower2

投稿者: 赤坂AAクリニック

2014.12.05更新

皆様こんにちは、ナース古栃ですni

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は10日(糖化)に、お得な検査を紹介したいと思いますclover

 

AGEs=Advanced Glycation Endproducts=最終糖化生成物です!!

AGE Readerは、体内に蓄積されたAGEs(最終糖化生成物)を、身体を傷つけることなく、リアルタイムで、計測できる新しい測定ツールです。

leaf糖化(こげつき)とは?

糖化反応とは、糖が酵素の働きなしにタンパク質または脂質に結合する反応の事です。体内にあるタンパク質や脂質が食事や飲み物から摂取した糖と“糖化反応/メイラード反応”によって結びつき、“酸化反応”などの影響を受けて「最終糖化生成物(AGEs)」という物質に変化し、体内に蓄積してしまうことです。

AGEs蓄積量の増加はタンパク質に変化を引き起こし、肌、血菅、骨、臓器を老化させ、様々な病気をもたらします。老化の現れとしての肌のくすみや弾力性の低下は、皮膚のコラーゲンタンパクの糖化反応による褐色化(=しみ・くすみ)や硬化性の変質(=しわ・たるみ)が主因です。これらを「身体(肌)の焦げ付き状態」と呼びます。

leafあなたのAGEs:糖化度を知るには

世界最新鋭の『AGEs Reader/AGEs:糖化度測定器』の上に腕を乗せるだけで、約3分で検査は終了です!

AGEs Reader』は蛍光文光方式で、皮膚・皮下の血菅壁に蓄積されている最終糖化生成物:AGEsを検出、その積分データを算出する画期的なシステムです。簡単、その場で検査結果がわかります!!

AGE

上記のチエックリストで、3個以上当てはまる方は検査してみませんか!?AGE

AGEs検査:通常¥5,000(税抜)→毎月10日は¥3,000(税抜)

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop