スタッフBLOG

2015.02.05更新

皆様こんにちはni

 

赤坂は朝から冷たい雨が降っています。rain

午後には雪になるようで、夕方には積雪となる予報も、、、

 

寒さで身体が冷えてしまうと、免疫力も低下してしまいますgan

体温が1℃低下すると、免疫力が30%も低下してしまうのです。

最近では低体温の方が本当に増えています。体を冷やさないように努めていても、なかなか体温が上がらないとお悩みの方も、、

自分の身体は自分で守るのが一番!!

 

本日は、体温を上げる側ではなく、今のご自身の免疫力を測定できる検査についてご紹介します。

そもそも、免疫って何??というところから。

免疫の主役は血液!その中でも白血球と呼ばれる細胞です。

白血球は、からだの中に侵入してきたウイルスや細菌などから、常に命を守り続ける免疫細胞です。

身体の中では多種多彩な免疫細胞群(白血球の仲間達)が、緻密な連携を組んで異物と戦っています。

 

それぞれの免疫細胞の特徴をご紹介

・マクロファージ   

アメーバ状の細胞です。

体内に侵入してきた異物を発見すると直ちに急行し、自分の中に細菌でもウイルスでもホコリで次々と取り込んで(貪食)処理しようとします。

しかし強力な細菌は内部でどんどん増殖するので処理し切れません。そこで、一部のマクロファージは、異物の特徴 (抗原)を細胞表面に出すことで、

外敵の存在を他の免疫細胞に伝えます。

そのほか、他の免疫細胞と共同で、TNF-α、インターロイキン、インターフェロンなど免疫細胞を活性化させるサイトカインという物質産生にも関与します。

 

・T細胞

T細胞は主に感染した細胞を見つけて排除します。

T細胞は3種類あり、それぞれ司令塔、殺し屋、ストッパーの役目をしています。

【ヘルパーT細胞】は免疫の司令塔であり、助っ人です。

マクロファージから病原菌(抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体を作るよう指令を出し、抗体を作るのを助けます。

インターロイキンというサイトカインを分泌し、キラーT細胞を活性化させます。

【キラーT細胞】は殺し屋です。

普段は静かにしていますが、ヘルパーT細胞から指令があると、感染した細胞にとりついて、その細胞を殺してしまいます。

【サプレッサーT細胞】はストッパー役です。

過剰に攻撃したり、武器を作ったりしないように抑制したり、免疫反応を終了に導きます

 

・B細胞

B細胞はT細胞の指令により、病原体(抗原)に応じた抗体を産生し、病原体に向かって攻撃していきます。

B細胞はあらかじめ表面にレセプターをアンテナのように掲げ、病原体(抗原)と結合し、どんな抗原か察知すると同時にB細胞は抗原を提示します。

B細胞は、細胞ごとに作る抗体の種類が決まっており、B細胞が作り出せる抗体に見合った外敵が出現した場合にのみ、活性化し抗体を作り出します。

 

・NK(ナチュラルキラー)細胞

常にからだの中をパトロールしており、ウイルスに感染した細胞などを発見すると単独で攻撃をしかけます。

T細胞とは異なり、他からの指示を必要とせず、一人で外敵や異物を攻撃できるため、生まれつき(natural)の殺し屋(killer)という名前が付けられています。

 

主に上記の細胞群が密に連携を取り合って免疫系を作っています。

人間の身体の仕組みって本当にすごいleaf

 

免疫力判定検査(免疫年齢検査)は、それぞれの細胞の状態を検査することで、ご自身の免疫年齢を査定する検査ですflower2

検査結果は以下のようなフォーマットで届きます。

 免疫

免疫2

皆様もご自身の免疫力をチェックしてみては??

                                      clover佐々木clover

 

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop