スタッフBLOG

2016.01.07更新

みなさま、こんにちはni ナース古栃ですrabbit

 例年より暖かい冬だと思ったら・・・  急に寒くなったり・・・ みなさまいかがお過ごしでしょうか?

体調など崩されていらっしゃいませんか?

 当クリニックでは、1月院内キャンペーンとして、Drスペシャル点滴(Dr森アンチエイジング・Dr吉川疲労回復・Dr涌水美肌・美白)がお得になっておりますnote2

是非、いらして下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしておりますmonkey

 

さて本日はインカの星プレミアム(オメガ3)について書きたいと思います。

 昨今、ココナッツオイル・エゴマ油etc・・・ 油について注目されました。

今まで、油について悪い物と思っていた人も、考えが変わった!!という人も多いのではないでしょうか?

当院では、サプリメントとしてインカの星プレミアム(オメガ3)を用意しておりますclover

 

インカの星について、当院Dr森の説明がありますので、そのまま紹介したいと思います。

 

脂肪分は、肥満や動脈硬化などの敵とおまわれがちですが、それは飽和脂肪酸の場合で、不飽和脂肪酸(オメガ3・オメガ6・オメガ9)の場合は、コレステロールを下げて健康に良いとされています。

オメガ3は、EPAやDHAが代表です。植物オイルの中でもインカインチオイルにはαーリノレン酸が豊富に含まれ、体内でEPA、さらにDHAへと変化します。このオメガ3は、細胞膜を構成したり、細胞の機能に必要な生理活性物質

の材料となる大切な物質です。

 オメガ3の働きとして、中性脂肪の低下、動脈硬化や心筋梗塞の予防、それに脳の活性化による記憶力の向上、抗うつ作用、またアレルギー反応の緩和、そして高血圧、脂肪肝、加齢性黄斑症、肥満などの予防や改善などがあり、アンチエイジング効果が抜群です。

 一方、オメガ6に分類されるリノール酸は、悪玉コレステロールを下げるだけでなく、善玉コレステロールも下げてしまいます。そればかりか過剰摂取では動脈硬化やアレルギー症状を進行させるなどのマイナス面が分かってきました。

 私達が通常摂取する食事でリノール酸不足になることはなく、むしろ必要量の6倍以上も過剰に摂取しています。脂肪酸は特定の脂肪酸に偏ることなく、バランス良く摂取するということが大切です。

 いつまでも若く元気でいるために、日本人に過剰なオメガ6は極力減らし、不足しているオメガ3を積極的に摂取することをお勧めします。

 

今までのインカの星にAKG(深海鮫肝油)が加わりプレミアムになりましたglitter

 AKG(アルコキシグリセオール)は、深海鮫肝油含有物で、免疫の増強・抗炎症作用・抗酸化作用など、古くから漁師の間で肝油は治療目的で使用されてきました。世界各地で60年以上研究されており論文発表されています。

ガンの予防・ケアにも使われてきています。

 

インカの星プレミアムは、こんな方にお勧めですgya

・中性脂肪が高い

・冷え症

・便秘

・むくみやすい

・生理不順

・記憶力を向上させたい

・アレルギー

・うつ傾向

他にもこのような作用がgya

・美肌効果

・老化防止

・コレステロールの低下

以上にあてはまる方には、お勧めですni

 

インカの星プレミアム(オメガ3) 1袋(180カプセル入り) ¥5,000(税抜) ですnote2

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop