スタッフBLOG

2015.06.02更新

みなさんこんにちわ 

先日抗加齢学総会へ参加してまいりました

そこでとても興味深い演題や発表されていたので 少しご紹介していきたいと思います。

今回はビタミンDのお話です。

みなさんはビタミンDと聞いたらどんなことを思い浮かべますか?

ビタミンの1種? 骨に欠かせないビタミン?

いえいえビタミンDってそれだけではないんです!

アンチエイジングの世界ではプレビタミンと言われているくらい注目されています。

その効果について以下にまとめてみました。

1 免疫を調整する

2 骨代謝を正常化にする

3 がんを抑制する

4 血糖をコントロールする

5 細胞の分化誘導を促す

6 表皮の角化を正常化する

これではピンとこない方のために ある先生の発表の中で事例をだしながら説明されていたので

それを少し紹介したいと思います。

 

・1日にビタミンDを1200IU摂ると42%インフルエンザに罹患しなくなる

・ヒト単球において抗菌作用がある

・閉経後の女性600人がビタミンDを飲んだところLDLコレステロール 中性脂肪の数値に改善が見られた

 

今までは良い点についてお話してきましたが 今度は逆に不足することで起こるかもしれないことについて以下にまとめてみました。

1アレルギーになりやすい

2風邪をひきやすい

3成長が順調でない

4骨粗しょう症になりやすい

5がんが発症しやすくなる

6動脈硬化になりやすい

7うつ症状がでやすい

8インスリンの分泌が悪い

9糖尿病になりやすい

 

ビタミンDが不足するとこんなに体に変調が起きるかもしれない!って思ったらすぐにでもビタミンDを飲みたくなったのはわたしだけでしょうか?

日本人はビタミンDの不足している割合が実に多いと言われています。

それは美白が流行っているから?

実は私たちの体は紫外線を浴びることで 体内でビタミンDを合成しています。

日焼け止めを塗っていたら紫外線は確実に遮断されます。

そうでない方も洋服が占める割合が多いので出ているところと言ったら腕くらいでしょうか?

それではビタミンDは十分に合成されません。

ちなみに食事でビタミンDを摂ろうと思ったら干ししいたけなら約700g大きいサイズのほししいたけを140個食べなくてはなりません。

ちなみに椎茸きらいな方多いですよね、なのでほかのもので比較すると焼き鮭なら約300g 約3人前です。

毎日 毎日そんなに食べれないですよね・・・

そこでサプリメントでしっかり補充する必要があります。

当院でも吸収の良い 効果の持続性があるビタミンD3サプリをご用意しています。

最近かぜをひきやすくなったとか 糖尿病 高血圧の方など ご興味のある方は是非一度 当院へご相談ください

 

 

 

 

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop