スタッフBLOG

2015.09.25更新

表紙は 観月ありさ さん。

『伝説の少女』by尾崎亜美も、はや36歳。

とってもおキレイです。

40代、私の全盛期は今からやってくる!

という特集の中で

128ページ。

私は血からして美しい

というページで

1.血液オゾン療法=血液クレンジング

これは当院ではなく銀座のクリニックが出ています。

2.血液フォトセラピー

赤坂AAクリニック 森院長が いつもの笑顔で出ています。

3.メディカルカッピング

写真的にはこれが一番インパクトあります。

ぜひ お読みください。

 

血液フォトセラピー とは

血液フォトセラピーは、

血液クレンジングと同様に、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ諸国で盛んですが、

アメリカやロシアでも盛んに行われています。

この治療は長い医学研究と臨床治療の歴史があり、安全性も確立しています。

当院の紫外線発生器は、

UVB(315~280nm)とUVC (280 nm 未満)の2種類を使用しているために、

作用が顕著で高い効果が得られます。

実際の治療時間は、通常の機器使用では5分程度で終わりますが、

当院の血液フォトセラピーは、約20~30分治療いたします。

実際の血液フォトセラピーの手順を説明いたします。
最初に約50mlの血液を採血し100mlの生食水と混ぜ、

それに2種類の紫外線を照射しながら、体に点滴で戻す治療法です。

紫外線によって活性化された血液は、体内の血液、さらに身体の細胞を活性化し、

アンチエイジング効果をあらわすだけでなく、各種の疾患に治療効果を発揮します。

 

血液フォトセラピーは、こんな方にお勧めです。

アンチエイジングを希望される方

免疫強化
循環改善効果
抗酸化強化
デトックス効果

など多彩な効果により、いつまでも若く健康でいられるでしょう。

病気の治療(各種の疾患に効果が認められています)

片頭痛
気管支喘息、気管支炎などの咳
各種のがん(特に肺がん)、悪性リンパ腫、白血病
糖尿病、糖尿病性網膜症
ウイルス性肝炎、HIV、帯状疱疹などのウイルス疾患
下肢静脈瘤、レイノ-氏病
動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞
傷の治癒力を促進
線維筋痛症
慢性腸炎

 

血液クレンジング血液フォトセラピー

どちらが良いの?というご質問をよくいただきます。

どちらも良いです。

即効性を求めるなら血液フォトセラピー

持続性を求めるなら血液クレンジング

をお勧めしてます。

もちろん併用して頂いても構いません。

一度 血液フォトセラピーも試してみて下さい。

 

定期購読している雑誌は

週刊プロレスと週刊SPAぐらいな吉川でした。

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop