スタッフBLOG

2016.01.15更新

皆様こんにちはni看護師の佐々木ですrabbit

 

今週は寒い日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

1月に入り、クリニックに風邪やインフルエンザの患者様が増えてきていますun

インフルエンザ等の感染症の予防や対策と言えば、うがい、手洗い、ワクチン接種 ですが、

ここでお伝えしたいのはビタミンD摂取による予防、対策についてですburn

 

 

ビタミンDは、

免疫力を強化し、インフルエンザに対して有効である

という研究結果が発表されていますpencil1

 

また、インフルエンザ以外にも

✳︎がんの予防

✳︎心疾患の予防

✳︎骨粗鬆症の予防(カルシウムの吸収を助けるため)

✳︎アレルギー症状の緩和

するなど効果は様々flower2

 

上記に記した素晴らしいビタミンDの効果は、

体内の25-OHビタミンDの濃度によって変わりますhand

30ng/dl以上で感染症予防などの有益な効果が期待出来るようになりますので、一度検査でご自身の体内濃度を測定してみてはいかがでしょうか?

 

 

ビタミンDは

太陽のビタミン(サンシャインビタミン)

と呼ばれ、体内のコレステロールを原料として日光浴によって体内で生成することが可能なビタミンですglitter2

脂溶性ビタミンのため、体内に留まる力はありますが、しかし、現代では美白のために日焼け止めクリームを愛用している方も多く、ビタミンD不足に陥りやすい状況です。

特に冬季は日照時間が短くなるので要注意!!!

 

体内での生成の他、食事からの摂取も可能で、

・くらげや椎茸などのキノコ

・鮭、いわし、にしん、しらすなどの魚介類

に多く含まれています。

 ビタミンD

 

普段のお食事からでは十分なビタミンD摂取が得られない事もしばしば、、

そんな時にはサプリメントで補うこともお勧めですsheep

30ng/dl以上の体内濃度を保つには、1日あたり1000〜2000IU(単位) が推奨量とされています。

 

 

免疫力をアップし、風邪やインフルエンザに負けない元気な身体で寒い冬を乗り越えましょうmonkey

 

 

25-OHビタミンD検査 ¥10.000(税別)

 

ビタミンD3サプリメント

・カプセルタイプ 60cap ¥1.500(税別)

・リキッドタイプ 120ml ¥7.200(税別)

 

赤坂AAクリニック 0120-1222-48

https://cms.plimo.com/cgi-bin/inquiry/www.ozone-vital.com/?blog_id=102&form_id=502&type=view&token=uaS3zhNKNYswYfFG9lX4XgtaqqYvRBUVpBqPP8jv

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop