スタッフBLOG

2016.02.04更新

皆様こんにちは!看護師の佐々木ですmonkey

 

昨日は節分でした。

季節を分けると書いて「節分」

今日から新しい年のスタート!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は厄年なので、本日から本格的に?厄に突入いたしました、、gan

 

そんなこんなで当院でも新しい治療が始まりますflower2

『VERO-HIFU ベロハイフ』という高密度焦点式超音波を用いたたるみ治療がスタートいたしますnote2

HIFU(ハイフ)とは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)のことで、レンズで光の焦点を合わせるのと同じように、高エネルギー超音波を1点に集中させてエネルギーを増強し、点状に加熱するものです。

むかーしむかしに理科の授業で習ったこともあるかと思いますが、太陽の光をレンズmagnifierで集めて一点だけを高温にするようなものです。体内の1点にのみ超音波を集中させるので、表皮や他の組織には影響がありません。

 

HIFU技術を用いてのたるみ治療と言えば、「ウルセラ」が有名かと思います。

ウルセラでは、肌の下にある表在性筋膜(SMAS;スマスと呼びます)を選択的に狙い、ここにHIFUによる熱変性をもたらすことで、SMASを引き上げ、顔全体のたるみを1回の治療で引き上げますup arrowup arrow

ヘッドから線状にレーザーが連続照射されていき、部位によって痛みを伴うことがあります。

 

ベロハイフ(VERO-HIFU)は単焦点のインモーション式の機器で、他のHIFU機器と違いハンドピースを動かしながら深さ4.5ミリと3.0ミリの2種類のトランスデューサーを使い分け、リフトアップに効果的な皮膚の奥の表在性筋膜(SMAS層)と真皮層の2層部分の深さに高密度焦点式超音波の熱エネルギーを連続照射していくのが特徴ですchick

単焦点でHIFUを最短0.1秒で連続照射することで、痛みも少なく、徐々にたるみが改善し、引き締まりますglitter2

平均70℃の熱エネルギーで表在性筋膜(SMAS層)と真皮層に熱損傷を与え、損傷治癒による収縮反応とコラーゲン増殖反応によるリフトアップ効果を得られます。

施術直後にも熱損傷によるタンパク変性が起きていますのでリフトアップの効果を感じていただけますが、さらに損傷治癒効果で1ヶ月~2ヶ月ほどかけて徐々に引き締まっていきますnico

 フェイスラインのたるみや目元・口元のたるみ、法令線やマリオネットライン、2重あごなどが気になる方にオススメですhand

 

私も先週施術を受けましたが、、痛みはなく、むしろヘッドを動かす時のマッサージ的な刺激が心地良かったくらいでしたので、痛がりサンにもオススメですheart

頬骨や額の皮下組織の薄い部分や、歯に詰め物をしている部分に鈍痛のような刺激を感じる方もいらっしゃいます。

施術後や翌日に、フェイスラインに沿って筋肉痛のような鈍い軽い痛みがありましたが、1日で引いたので問題ありませんでした。この刺激が効いてる~という感じ?笑

 

 

近々スタートいたしますので、皆様お楽しみにgya

  VERO-HIFU    1回 ¥80.000(税抜) 

  (ベロハイフ)     3回 ¥168.000(税抜) 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら↓

赤坂AAクリニック

0120-1222-48

https://cms.plimo.com/cgi-bin/inquiry/www.ozone-vital.com/?blog_id=102&form_id=502&type=view&token=uaS3zhNKNYswYfFG9lX4XgtaqqYvRBUVpBqPP8jv

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

2016.02.03更新

こんにちはa

ついに、当院でもHIFU(高密度焦点式治療法)のベロハイフという最新マシーンを導入しましたg

VERO HIFU

 

たるみの治療は、RF(高周波)による治療と、HIFUによる治療がトレンドです!

ハイフといえば、ウルセラが有名ですよね。

当院には、ウルセラはありませんがg

ついに、ベロハイフによる治療が開始しましたheart

ウルセラは、線状に連続照射していく器械ですが、

ベロハイフは、ハンドピースを動かしながら照射していく器械です。

ウルセラと比べると、照射エネルギーはマイルドになりますが、

その分、小回りがきくのと、お値段もすこし下がった価格でご提供できますm

また、従来型のハイフよりも痛みがかなり軽減されており、

より受けやすい治療となっていますa

ハイフは、超音波を焦点的にあてて、熱エネルギーを筋膜や皮下に届けて、

熱ダメージに対する修復機転によって、顔をリフトアップしていくという治療です。

ターゲットは、SMAS筋膜!m

SMASとは、superficial musculo aponeurotic systemの略で、

おおまかにいうと、額から首までの連続した筋膜。形成のDRがリフトアップの手術をする際にも、このSMAS筋膜が成功の鍵となります。

ハイフも、この筋膜をターゲットにしますので、メスを使わずに手軽に受けることができますm

たるみが軽度な方の場合、1度でもリフトアップを実感していただけますが、

しっかり治療したい方の場合は、3~4週間に1回のペースで施療を受けて頂くことも可能ですm

施術中の痛みは、頬骨や額など、皮膚の薄い部分は若干鈍痛がある方もいますが、

強い痛みではありませんので、麻酔はいりませんm

詳しくは、こちらをごらんくださいね。

 ご興味のある方は、当院までお問い合わせください。

 

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop