スタッフBLOG

2015.11.21更新

今日の東京はとてもいい天気です。

前回 冬でも紫外線対策大切です とお話ししましたが

今月のキャンペーンは

レーザートーニング + WHAAP ビタミンC導入 プレゼント

です。

レーザートーニングとは

治療困難な肝班治療を実現した最新レーザー治療

レーザートーニングの適応:肝斑、シミ、毛穴の開き、くすみ、たるみ など

レーザートーニング01レーザートーニング02最新の肝斑治療技術であるレーザートーニングは、

広範囲に弱いパワーでレーザーを照射するため、刺激が少なく、メラノサイトを活性化させることなく、

メラニンを排出させることが可能な最新レーザー治療です。

肝斑は、茶色または茶灰色で、頬、額、上唇、鼻、アゴなどにできる左右対称、両側性のシミの一種です。

慢性炎症(ホルモンバランスの乱れ、紫外線、日常のこすりすぎ摩擦など)が原因といわれています。

左右対称性に出現することが多くみられます。
低出力のQ-YAGレーザーを複数回照射することで肝斑が改善することがわかっています。
また、レーザートーニングは肝斑以外にも、しみ、炎症後色素沈着にも効果があり、

さらには毛穴の引き締めや、美肌、美白、くすみの改善、ハリ感の増加などにも効果的です。

1~2週間に1度、5回が1セットの治療です。
カサブタになったりする治療ではなく、

カサブタがはがれるなどの大きく薄くなる瞬間がない治療で、

徐々に徐々に薄くなっていきます。
初めの1、2回はあまり色素が薄くなったのがわかりにくいですが、

3回目あたりから目に見えてきれいになっていきます。

5回コース 部分(頬鼻) 54000円(税別)

5回コース お顔全体   76500円(税別)

にもれなく WHAAP ビタミンC導入が付いてきます。

WHAAPとは

メディカルエステの最新プログラム「WHAAPトリートメント」

WHAAPトリートメントの適応:老化肌・トラブル肌
たるみ・小じわ・シミ・くすみ・乾燥肌・脂性肌・アレルギー肌・アトピー肌・ニキビ肌

WHAAP(Wound Healing Anti-Aging Program)トリートメントは、

良質のオーガニックコラーゲンとヒアルロン酸を肌に浸透させる新技術を中心に

肌の活性化、栄養補給、循環の解消などの成分を補給する肌再生プログラムで

老化肌やトラブル肌を対象としています。
美肌、美白には選び抜かれたビタミンを補給することで、

さらにオーガニックコラーゲン増生作用で肌にハリを与えます。

Wound Healing Anti-Aging Program
肌に大切なのは安全なオーガニックコラーゲンを浸透させること。
さらにヒアルロン酸・脂溶性ビタミンCを利用した新しいトリートメント。

施術時間:30分~。(施術により異なります。)
ダウンタイム(治療に伴うダメージからの回復期間)の心配がほとんどありません。
施術の後お化粧をしてお帰りいただけます。

今回付いてくるのは ヒアルロン酸コラーゲンではなく

ビタミンCです。

厳選された良質のビタミンC オイル

顔・体どの部位にも施術可能です。
今まで不可能だった老化によって出来る瞼や目の周りの小じわ、タルミにも。

WHAAPトリートメントの使用するビタミンCオイルは、

酸化のしにくいアスコルビン酸テトラヘキシルデシルを使用し、

お肌を酸化から守る働きをします。
そして重要な成分として含まれているナノペプチド1は

ヒューマングロースファクター(HGF)とも言われ、

メラノサイトでのチロシナーゼの活性を防ぎメラニンの合成を抑制することにより

シミや肌のくすみを目立たなくさせ肌のトーンを明るくする働きがあります。

 

一粒で2度おいしい 今回のキャンペーン

後10日で終了です。

ご連絡お待ちいたしております。

スポーツ選手(?)で最初にこの人すごいなーと思ったのは

北の湖関だった吉川でした。

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

2015.02.24更新

皆様こんにちは(・∀・)

赤坂AAクリニック ナース佐々木です。

 

最近、あごの辺りに小さなニキビが出来るようになってきました、、

ホルモンバランスの崩れでしょうか(T△T)

ストレスの多い現代、ストレスでホルモンの状態が崩れてしまい、肌トラブルにお悩みの方も多いと思います。

特に、年齢を重ねてくるにつれ気になるのが「肝斑」です。

肝斑(かんぱん)とは、日本人の皮膚にできやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれ、30~40歳以上の女性に多く見られます。

特徴としては、両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称性にあり、モヤモヤとして見えることがあります。

肝斑はしみの一種です。見分け方としては、肝斑は、淡褐色のしみが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。

左右に蝶々のように、もやもやっと広がったタイプ、左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなもの、こめかみの両側や、左右対称に両頬、

目の下、口の周りや額に出たりする場合もあります。

肝斑

 ↑ このような感じ

更年期、ピル内服中や、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないなど、女性ホルモンとの関連も指摘されています。

紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすいという点と、実際に紫外線をあびることが症状の悪化と関連している場合が多いので、

発症の原因として紫外線が重要であると考えられています。原因の中には、ストレスも関係しているのでは?ともいわれています。

ビタミンCやトラネキサム酸の内服などで予防・改善させていくことが可能ですが、もっと積極的に治療したいと思っても、コチラの肝斑、

通常のレーザー治療では刺激が強く、悪化させてしまうリスクがあります、、namida

 

 

しかし、今回ご紹介いたします、レーザートーニング

今までレーザー治療が困難だった肝斑に対しても使用できるレーザー治療ですglitter

レーザートーニングは、パワーの弱いレーザーを照射するので刺激が少なく、メラノサイト(シミの原因となるメラニンを産生する細胞)を活性化する事なく

メラニンを排出させることができるのですflower2

1度の施療では色素沈着が薄くなったようには感じないかもしれませんが、回数を重ねていくにつれ薄皮が徐々にはがれていくように

みるみる状態が改善していきます!!

レーザートーニングは、肝斑だけでなくうすいシミ、ニキビ後など炎症後の色素沈着にも効果があります。

また、レーザートーニングを続けるにつれ、肌のトーンが上がり、ハリ感が増していきますので良いことづくしihiheart3

レーザートーニングは弱いレーザーですので、痛みはほとんどありません。

施術前に十分に洗顔していただき、お化粧をしっかり落とします。痛みが気になる場合はお顔を冷やすだけでも痛みを軽減出来ます。

肌への負担が最小限のレーザーですので、施療後そのままお化粧をしてお帰り頂くことも可能ですrabbit

 

肝斑や薄っすらとしたシミでお悩みの方、肌の状態を改善したいけど痛い施療は嫌という方、

ぜひ赤坂AAクリニックでレーザートーニングを体験してみてください!

   レーザートーニング(部分) 1回 ¥ 12,000
                        5回 ¥ 54,000
   レーザートーニング(全体) 1回 ¥ 17,000
                                   5回 ¥ 76,500

                                                 pad佐々木pad

 

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

2015.01.05更新

赤坂AAクリニック 赤坂腫瘍内科クリニック メディカルエステ リジュブ

は本日1月5日から通常通り営業致しております。

 

吉川が行った本年最初の施術は レーザートーニングでした。

レーザートーニング:治療困難な肝班治療を実現した最新レーザー治療

レーザートーニングの適応:肝斑、シミ、毛穴の開き、くすみ、たるみ など

最新の肝斑治療技術であるレーザートーニングは、広範囲に弱いパワーでレーザーを照射するため、刺激が少なく、

メラノサイトを活性化させることなく、メラニンを排出させることが可能な最新レーザー治療です。

肝斑とは

肝斑は、茶色または茶灰色で、頬、額、上唇、鼻、アゴなどにできる左右対称、両側性のシミの一種です。

慢性炎症(ホルモンバランスの乱れ、紫外線、日常のこすりすぎ摩擦など)が原因といわれています。

左右対称性に出現することが多くみられます。
肝斑に低出力のQ-YAGレーザーを複数回照射することで肝斑が改善することがわかっています。
また、レーザートーニングは肝斑以外にも、しみ、炎症後色素沈着にも効果があり、

さらには毛穴の引き締めや、美肌、美白、くすみの改善、ハリ感の増加などにも効果的です。

 

米国皮膚科学会でも 取り上げられています
肝斑を目立たなくするヒント 【米国皮膚科学会】 紫外線や化粧品などによる肌の刺激を回避
米国学会短信 カテゴリ: 皮膚疾患

米国皮膚科学会(AAD)は、肝斑のケアに関するヒントを紹介した。

肝斑は、主に頬、顎、額、鼻梁などにできる褐色または淡褐色のシミである。

その正確な原因は不明だが、紫外線、妊娠、避妊薬、化粧品などが原因として考えられている。

米国では600万人以上の女性が肝斑に悩んでいる。

肝斑は悪性のものではないが、できるだけ目立たなくしたいと考える患者が多い。

肝斑は太陽光によって誘発されるため、日焼け止めやつばの広い帽子によっ て日常的に日焼け対策を行うことが重要。

日焼け止めはSPF30以上のものを使い、まず外出の15分前に塗り、少なくとも2時間ごとに塗り直すことが望ま しい。

また、スキンケアには刺激の少ない製品を利用するほか、肌の炎症の原因となりやすいワックス脱毛を避けることも重要である。

 専門医は「妊娠や避妊薬が原因の肝斑は、出産後や避妊薬の利用停止後に自然と消える場合もあるが、

自然に消えない場合や避妊薬の利用を続行したい場合は、皮膚科専門医に相談してほしい」と助言している。

【関連リンク】
Melasma: tips to make it less noticeable

 

レーザートーニングの利点は

肝斑でも施療できる事とダウンタイムが無い事

欠点は 週1回のペースで何回か行わないと効果が実感しにくい事です。

肝斑に対しては 内服治療も行っています。 

気になっている方は是非ご相談ください。

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop