スタッフBLOG

2015.01.20更新

こんにちは!佐々木ですni

ここ数日風が本当に冷たくて、犬の散歩が辛い、、、

 

そんな寒い日にお送りするテーマは”フォトRF(オーロラ)”ですglitter

フォトRFとは、PL(パルスライト=光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組合わせており、理想的な美肌効果をもたらします。

フォトRFは施術時の火傷を防止する温度管理・独自冷却システムを持ち、FDAによる承認も得た安全性の高い施術システムです。

 

光エネルギーglitter2でシミ、くすみを改善し、さらにRF(高周波エネルギー)burnの作用によりコラーゲン再生が促されるので、

お肌の色調を改善してくれるだけでなく、肌にハリまで与えてくれますheart2

フォトRFは、しみ・しわ・たるみの他にも赤ら顔(毛細血管の浮き)にも高い効果を発揮すると同時に、

シワや毛穴などを改善しお肌のアンチエイジングを促します

その他ニキビ痕の改善にも効果的です。

効果を実感できるまでの期間が短いのも特徴ですflower2

施術時間も短く、ダウンタイムの無い治療法ですので、施術後メイクをしてお帰りいただくことが可能ですlipstick

いいこと尽くし♡♡

 

 

私も月に1度から2ヵ月に1度くらいのペースで施療しておりますが、当初散在していたシミたちがどんどん薄くなってきています( *´艸`)

先週の土曜日(3日前)に施療し、今ちょうど反応したシミたちが浮き上がっているところ、、、

この期間は一時的にシミが濃くなってしまいますがnamida、お化粧lipstickでカバー!!!

もう2~3日したら浮き上がったシミのカサブタがとれ、薄く目立たなくなっていることでしょうnote2

 

こんなに素敵なフォトRF(オーロラ)なのですが、施療を受けられない方がいらっしゃいます。。

  *妊娠中の方

  *日焼けをされている方(程度による)

  *日光過敏症の方

  *光の点滅に反応するてんかん発作の既往をお持ちの方

以上の方はフォトRF(オーロラ)の施術をお受けできませんが、その他の施療で対応いたしますのでご相談くださいnico

 

また、アフターケアとして紫外線を避けて頂き、十分な保湿を心がけていただきたい施療です。

夏場は施療前後の日焼けのリスクが高いので、日照時間の短く比較的紫外線にさらされにくいこの季節にどうぞ!!

 

                sheep佐々木sheep

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

2015.01.17更新

こんにちは。
ブログでも、ちょこちょこアピールnote2しておりますが、私、実は大のディズニーマニアup arrowup arrowup arrow
こちらのスタッフブログでは、美容情報を発信しつつ、ディズニー情報もこっそりとsun発信しています(笑)
さて、1月13日から、東京ディズニーランドではアナとエルサのフローズンファンタジーが始まりましたね。

カンガルー

ありのーままのー姿みせるのよー♪

 

この時期のディズニーは例年、閑散期に入りますが、アナ雪効果で今シーズンの来客数は増えそうup arrowup arrowup arrowですね!
私はまだ行っていないのですが、色んなメディアでも取り上げられていました。

予約録画してばっちりみましたよ。

アナ雪の人気は、まだまだ健在ですね。
プロジェクションマッピングの、ワンス・アポン・ア・タイムも、後半部分がアナ雪バージョンになっているみたいです!
さて、このアナですが、実は、顔にソバカスがいっぱいあるのはご存知でしたか?
アナは、おてんばで可愛いキャラクター。健康的な可愛さnicoを表現するために、あえてソバカスの女の子の設定になっているのだと思います。
ソバカスは、雀卵斑といいますが、多くは常染色体優性で、家族内発生を認めます。
ただ、お姉さんのエルサは、雀卵斑は、ほとんど目立ちません。
雀卵斑は、夏季の日光照射によって増悪bibibiしますが、エルサは家の中に閉じこもっていたので、ほとんど紫外線に暴露していなかったためでしょう。

※アナ雪のストーリーは、是非DVDをご覧になってくださいcd

ちなみに、雀卵斑は顔面だけでなく、手の甲や、腕、肩などの露出部にも多発starします。
アナも、肩にもソバカスがいっぱい描かれています。
ソバカスは、エクボ同様、可愛らしさの象徴heart3でもあるので、チャームポイントだと思うのですが、ソバカスがある方は悩んでいる人も多いのも事実。
可愛いからそのままとっておくのも一つflower2ですが、悩まれている場合は、IPL治療(=光の治療)をお勧めします。
当院のIPL機器は、フォトRFオーロラを採用しています。

フォトRF
日光性黒子(いわゆるシミ)であれば、Qスイッチレーザーなどで一度治療すると、すぐに元の状態にまで再燃することは少ないです(炎症後色素沈着は別ですが)。
ただ、雀卵斑は初夏にまた色素斑が再燃burnしてくる傾向がありますので、ダウンタイムがあるQスイッチレーザーで治療するよりも、フォトRFのようなIPLで治療したほうが、経過もいいですし、負担も少なくなると言われています。
フォトRFの経過は、NS倉上さんのブログにも載っていますので、是非ご覧くださいね。

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop