スタッフBLOG

2014.12.11更新

吉牛80円値上げは痛いですねぇー
中島裕之もオリックスに行ってしまったし
明るい話題は
明菜ちゃん 紅白で復活か??(でも東スポWEB)
ぐらいでしょうか。

 

今日のテーマは35歳が分かれ道です。

高島彩
国仲涼子
道端カレン
小林麻耶
蛯原友里
仲間由紀恵
中野美奈子
吉川ひなの
(敬称略、産まれ順(たぶん))
皆さん1979年生まれ 今年 35歳(なかみーとひなのちゃんはもうすぐ)です。

 

肌のシミ増加速度、35歳超で2.3倍 ロート製薬、「まだ見えぬシミ」は35歳までに急増
2014年12月8日 化学工業日報 カテゴリ: 皮膚疾患・その他

 35歳までのシミは見えないかたちで増加し、35歳以降は見えるシミが増える-。ロート製薬は2053人の女性の肌データ解析による研究結果を報告した。ロートリサーチビレッジ京都とアオハルクリニック(東京都港区)の共同研究で、顕在シミ(目に見えるシミ)の増加速度は35歳以降で2・3倍に増加するとともに、シミ予備群(まだ目に見えないシミ、未来のシミ)は35歳までに急増することが明らかになった。

 顕在シミは年齢とともに増加し、増加スピードは加齢とともに速くなる。20~35歳と35~65歳を比較すると、増加スピードは2・3倍になる。またUVランプを当て顕在シミに加え目に見えていない表皮に存在するシミ(シミ予備群)を解析したところ、顕在シミ・シミ予備群は35歳までに急増することが分かった。顕在シミと顕在シミ・シミ予備群の増加スピードを比較したところ、顕在シミ・シミ予備群は顕在シミの6・2倍の速さで増加することも分かった。

 同社は35歳を過ぎると顕在シミの増えるスピードが速くなり、シミが増えたと感じやすくなるとし、シミ増加を実感しにくい35歳までの間にシミ予備群が急増していると結論付け、目に見えるシミの増加を感じる前から肌内部で変化が起こっていることを知り、ケアを積極的に行うことが重要とした

 

35歳になる前に 目に見えるシミが増加する前に ケアを積極的に開始しましょう
1.内服治療

ビタミンCや、トラネキサム酸の内服

2.フォトRF(オーロラ)
シミ・そばかす・小じわ・たるみ・くすみ・毛穴の開き・赤ら顔・毛細血管の浮き・ニキビ・ニキビ痕・肌の老化全般の改善・脱毛(特にうぶ毛・白髪に効果的)
フォトRF(オーロラ)はシミ・くすみだけでなく、赤ら顔やニキビ跡など様々なお肌の悩みにも対応し,術後数日で実感できる即効性が高い施術です。
ダウンタイムもない施術ですので、腫れや痛みもなくお帰りはメイクをしてお帰り頂ける点、施術後数日で実感できる即効性も高い評価を頂いています。
3.レーザートーニング
肝斑、シミ、毛穴の開き、くすみ、たるみ など
最新の肝斑治療技術であるレーザートーニングは、広範囲に弱いパワーでレーザーを照射するため、刺激が少なく、メラノサイトを活性化させることなく、メラニンを排出させることが可能な最新レーザー治療です。

 

もちろん併用も可能です。 ご連絡お待ちいたしております。

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

PageTop