スタッフBLOG

2015.06.13更新

何度かブログでもお話しした
マイクロボトックスリフト
キャンペーン中です。

通常のボトックス治療は

筋肉の収縮を抑えて

シワができないようにする治療ですが、
マイクロボトックスリフト

皮膚深部にある表情筋にボトックスを注射します。
新しい治療技術であるマイクロボトックス

皮膚の浅い層に注射することによって
リフトアップ効果が得られます。

(深部筋肉の動きはほとんど影響ありません)


お顔 お首 両方
選べます。
昨日された方は
両方されたので 約80カ所に注射しました。
麻酔なしで!!
ご本人は全然平気とおっしゃっていましたが
麻酔はした方が良いと思います。

 

ご相談だけでも
赤坂AAクリニック   0120-1222-48

ご予約はこちら https://cms.plimo.com/cgi-bin/inquiry/www.ozone-vital.com/?blog_id=102&form_id=502&type=view&token=uaS3zhNKNYswYfFG9lX4XgtaqqYvRBUVpBqPP8jv

お待ちしてます。

このところ毎週日曜日は幕張にバイトに行っている吉川でした。

投稿者: 赤坂AAクリニック

2015.06.12更新

こんにちは。


いよいよ、関東も梅雨入りrainですね。
紫陽花がとても綺麗な季節ですよね。

紫陽花


梅雨明けは、
平年は、7月21日くらい(気象庁HPより)。

なので、平年並みならあと1ヶ月ちょっとーtears
毎年毎年のことなのに、
梅雨ってこんなに長かったかしらsuu

なーんて、天気予報が気になっちゃいますよねrain

 

でもお肌にとっては、
湿度が高い分、肌に艶がでて
意外と調子が良くなる季節だったりしますよねnico


なので、ジメジメとしたこの季節も
お肌への栄養と思って、前向きに過ごしたいと思います。

保湿

水も滴る良いアザラシ!(って全く関係ない写真ですが…)

 

 

さて、本日のテーマは、毛髪の治療、HARG療法です。
毛包は、成長期・退行期・休止期と呼ばれる周期的な過程(これを毛周期といいます)を繰り返しています。
毛包の成長の制御には、
毛乳頭細胞から分泌される制御分子、
表皮系細胞に由来する制御分子、
毛包をとりまく真皮細胞や真皮に存在する遊走性の血液細胞に由来する制御分子、
さらに血流や神経末端から補給される液性因子などがあり、
これらの多数の分子による複雑な制御によって、
毛周期は調節されていますflower2
HARG療法は、これらの制御因子を外から投与することで、
毛髪の成長を促す治療です。
HARG療法では、
AAPE(Advanced Adipose-derived stem cell Protein Extracts)と呼ばれる
サイトカイン製剤を用いて治療を行います。


これは、健常な20歳前後のドナーから頂いた脂肪細胞由来の分泌蛋白質を凍結した製剤です。FDA・KFDAの基準に沿って、厳しい品質管理のもと、製造されています。
含まれるサイトカインは、なんと150種類以上burn
このサイトカインによって、
毛髪の機能回復、増殖を促していきます。
施療は、3週間以上の間隔で6回1クールがお勧めですが、
症状が軽度の場合は、3回コースもありますので、是非ご検討ください。
男性の場合、プロペシア内服と併用すると、
更に効果UPです!
もちろん、HARG療法を行わずに、プロペシア内服のみで治療している方もいらっしゃいますので、まずはご相談くださいね。

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

SEARCH

PageTop