スタッフBLOG

2015.04.23更新

今日は暖かいですね。
汗ばむくらいです。
当院では脇多汗症の方には
ボトックス注射をお薦めしておりました。
手軽に受けられ効果もかなりあります。
が、毎年繰り返し受けないといけないのが
欠点でした。
1回やれば効果が長期間持続するものは無いのかと言う
お客様の要望にお応えして
当院でも近日中にミラドライ施術開始致します。

 

ミラドライって?

アメリカで開発され、日本の厚生労働省にあたるFDAの認可を得た後、

数多くの症例データとともに日本国内に導入された

メスによる切開をせずにわきが、多汗症の治療が可能な最新治療です。
精密に制御されたマイクロウェーブをわきが、多汗症の要因、

汗を分泌する汗腺(アポクリン腺、エクリン腺)に照射します

一度ダメージを受けた汗腺は機能しませんので治療の効果が

従来の外科的治療と同等かそれ以上引き出されます。

ミラドライを選択する 4 つの理由
1、切開せずに治療します
最初に、注射による麻酔を行います。

器械の先端を患部に当てていくだけですので、皮膚切開の必要はありません。
2、患部にキズは残りません
患部をメスを入れる必要がない為、切開によるキズができません。
3、治療の効果が高い
わきが、多汗症の原因部位に直接作用する治療ですので、

切開する外科治療と同等以上の効果があります。
4、治療からの回復が早い
治療後、両わきに冷却剤を当てる処置をする場合がありますが、

当日からシャワーはお使いいただけます。入浴や腕に負荷がかかる動作は7日以降可能です。

従来の治療法とミラドライとの比較

              ミラドライ          手術             ボトックス注射
傷跡の有無          無し             有り              無し
効果            永続的           永続的               3~8ヶ月
わきが治療として      有効            有効               有効
多汗症治療として       有効           わきには不向きな場合も       有効
日常生活の影響        問題なし         3日以上の安静が望ましい       問題なし
治療時間           約1時間          1時間以上、4時間のケースも     約15分前後

 

上記にありますように
ボトックス注射が悪いわけではありません。
簡単に行えて効果もありますが、毎年繰り返して受けないといけないのが
ボトックス注射の欠点でした。
ミラドライは 1回(人によっては2回)の施療で
半永久的に効果が持続します。

脇多汗症やわきがでお悩みの方ぜひご相談ください。
現在 スタッフが実際に施術を受けて
術後の経過や効果等を確認しております。
来月には施術開始となる予定です。
今しばらくお待ちください。

カレーなど辛い物を食べると頭から異常なほど汗が噴き出る、
吉川でした。(残念ながらミラドライは脇以外は出来ません)

投稿者: 赤坂AAクリニック

2015.04.13更新

今朝のNHK朝いちで 手の悩みをやっていました。
初めての保護者会に、

ママ友のランチ会など出会いの増える春。

第一印象にも影響するのが、

「第2の顔」とも言われる“手”です。
番組のアンケートでも、

実に8割の女性が「自分の手に悩んでいる」と回答

カサカサ・ごわごわ・シミにシワ・浮き出た血管・・・

年齢を隠すことができない「手」に、悩んでいる女性が多いんです
番組では“老け手”の原因を科学的に分析。

皮膚のハリがなくなり、「シワシワ」となるメカニズムに、

血管が浮き出ることにつながる仕組みを検証。

さらに は、美しい手で多数のCMにも出演している“老けない手”を持つ、

ハンドモデルも登場。

お出かけ前に数分やるだけで、手が若返る“応急ハンドケア術”も紹 介。

“老け手”となるのを防ぎ、また年齢を重ねた人も、若々しく、

美しい手に見せる秘けつをご紹介しました。 

詳しくはNHKあさいちホームページをご参照ください。
手に年齢が出るワケ
く「手に年齢が出る」と言われている理由を探りました。
血管外科医の広川雅之先生は、

血管の老化が原因の一つと言います

手の甲に浮き出てしまうのは、

静脈。静脈が老化すると、弾力が失われ、

広がったままになりやすくなります。

そのため、ぽこっと浮き出して見えやすくなるのです。
皮膚科医の吉木伸子先生は、

手肌の老化が原因の一つと言います。

手は日々の生活で酷使される部位。

手荒れが続き紫外線の影響も受けていると、

皮膚の老化が 進みます。

また、更年期を境に女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

すると、エストロゲンに守られていた真皮のコラーゲンも減ります

その結果、皮膚 が薄くなり弾力が低下。皮膚の下の組織が浮き出して見えやすくなるのです。

まずはUVケアー
ホルモンチェック
そしてできてしまったシミには
レーザーで対応。

シミに応じて
フォトRF
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
しわやたるみには
WHAAP


お悩みやご予算にに応じて
治療を行います。

気になる事はどんな事でも
ご相談ください。

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」
「1964年のジャイアント馬場 」
を読んで自分が生まれた頃にどんなことが
起こっていたのかよく分かった吉川でした

 

投稿者: 赤坂AAクリニック

SEARCH

PageTop